技術 – Technology 2018-05-08T06:21:35+00:00

TAKASE TECH 都市廃棄物、医療廃棄物、汚泥および動植物バイオマスの処理技術

有機物、プラスチック、紙、ダンボール、織物、バイオマス、汚泥など様々な廃棄物を以下のものに変換する:

最小限の価格で製造、設置、操作できます。

高瀬テックの技術は、特許取得済みで公的援助や経済的インセンティブを必要とせずに、経済的に廃棄物をエネルギーへの変換を可能にします。
また、稼働中も環境への有害物質を排出しないため、環境にやさしい製品です。

主な特徴は

基本的な操作方法

このスキームには、廃棄物の前処理、または得られた材料のその後の処理の一部となり得る標準的な補助機械は含まれない。(選別機や破砕機)

この技術の操作メカニズムは分子レベルで:

湿度排除のメカニズムは細胞レベルで:

高瀬テックの技術で処理できるのは

都市廃棄物(生ごみ)の蓄積は、私たちが直面している最大の環境問題の1つであり、次世代の難しい遺産でもあります。

この廃棄物の多くは、焼却処分されているか、埋め立て処分されています

廃棄物の処理は、社会の主な課題の1つとなっています。

1日に1人あたり平均1.5kgのゴミが発生します。 ほとんどの場合、ゴミの管理は埋立処分で終了します。 リサイクルやエネルギー回収などの他のルートは、依然として使用レベルが低いことを示しています。

高瀬テックの技術で都市廃棄物は、重金属、塩素、塩分、有毒成分、病原体は含まれずに燃料に匹敵する高付加価値の製品に変換され、燃焼した際に原材料よりも汚染物質(CO2、SOX、NOxなど)が少なく、ダイオキシンやフランを排出しない。

高瀬テックの技術を使用すると、燃焼してエネルギーを生成するだけでなく、嫌気性発酵プロセスを実行してメタンを生成する理想的な製品が得られます。

植物バイオマスをエネルギーに変換するシステムが普及していますが、高瀬テックの技術は、細胞内水分除去のメカニズムにより、従来のシステムの効率を向上させ、投資が少なくエネルギー生産量が高いものに変換します。

動物バイオマス(排泄物および動物の遺体、スラリー、畜産農場からの残留物など)は、

毎日大量の排泄物

有毒な排泄物化合物の高濃度による高い汚染能力

処理の難しさ

高瀬テックは、この種のバイオマスを効率的かつ経済的に処理し、理想的な製品を肥料として、燃焼させてエネルギーを生産したり、嫌気性発酵プロセスを実行してメタンを発生させることが可能

他の従来技術と比較して効率を3倍向上させます。

世界的にこの処理が可能なのは高瀬テックの技術だけである

高瀬テックの技術は、あらゆる種類の動物バイオマス(あらゆる種類の鳥類、豚、牛など)を成功裡にかつ有益に処理し、付加価値の高い製品にして、 燃料または肥料に変換できる

汚泥は、天然または人工のプロセスの結果として、水と廃水から分離された固形物との混合物からなる。

汚泥は液体廃棄物(95%以上の水分を含む)であるという特徴があります。 その組成は可変であり、排水の汚染負荷および排水中で行われる処理の技術的特性に依存する。

処理は水に存在する汚染を濃縮する、汚泥には多種多様な懸濁物質または溶解物質を含む。(有機物、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)、および植物に不可欠なカルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)およびその他の微量栄養素) (Cd)、クロム(Cr)、銅(Cu)、水銀(Hg)、ニッケル(Ni)、鉛(Pb)、亜鉛(Zn)などの重金属、病原体、中には 農業価値のあるものも含まれます。

これらの汚染物質は健康に危険なため、汚泥は処理しなければなりません。

高瀬テックの技術では、汚泥の組成と特性に応じて優れた肥料、または燃料に変換できます。

医療廃棄物は、すべての医療施設または治療サービスをおこなう場所から発生します。治療に使用した医療物は主に一度使用したらその役目を終え医療廃棄物となります。

医療廃棄物は使用方法により二つのグループになります。

危険な物と危険でない物です。

危険でない医療廃棄物は都市廃棄物同様に処理が可能である、処理方法や処理で得る製品も同様の物である!

危険な医療廃棄物は、施設内、公衆、環境への危険なリスクをもたらす可能性があるため、保健所の指定での収集、保管、輸送、および処理における予防措置の採用を必要とする廃棄物です。

高瀬テックの技術は、ガラス、金属、ゴム、放射性廃棄物を除き、あらゆるタイプの医療廃棄物を処理することができます。

高瀬テックの技術は病原菌を破壊する能力があるため、感染因子(ウイルス、細菌、バクテリアなど)を含む廃棄物を処理し、この廃棄物を燃焼やエネルギー生産に適した製品に変換することが可能です。

処理後に得られる製品

高瀬テックの技術で処理された製品は、処理される廃棄物の種類によって性質が異なり、特性によって用途が異なります。

次に、異なる廃棄物から得られた生成物の画像を示す:

都市の固体廃棄物

都市固形廃棄物+魚

下水処理場の汚泥

バイオマス

高瀬テックによる製品の処理

製品に関連する特性

  • 処理される原料の特性に応じて、固体燃料または肥料として使用される理想的な製品である。

  • 得られる燃料は細かい粒状状態で得られ、その燃焼を促進する。

  • 燃焼ではなく水熱プロセスであるため、得られる生成物は原材料のカロリーを維持する。

  • 悪臭、病原体(ウイルス、バクテリア、細菌など)および有毒成分が、形質転換過程で排除されます。

  • 塩素、重金属がほとんどまたはまったく濃縮される。もしそれらの濃度が残っていれば、生成物の燃焼において反応せず、ダイオキシンまたはフランを生成しないであろう。

  • 製品の使用方法に応じて湿度の割合を調節することが可能。 それが燃料として使用される場合、低い湿度(20%未満)に調整することが可能である。

  • メタンを生成するために嫌気性発酵プロセスを実施するのに使用される場合、このタイプのプロセスに理想的な高い割合の湿度を得るように調整される。

  • 適度な可燃性を有する。

  • 灰成分は中程度です。

  • Debido a la desulfuración producida en el proceso, al quemar el producto resultante, los valores de SOX en los gases de combustión son muy bajos.

  • 燃焼時に発生するCO2、NOx、その他の汚染ガスを大幅に削減。

  • 嫌気性発酵プロセスおよびメタン生成を実施することが理想的である。

  • ガス化プロセスを実行し、合成ガスを得ることが理想的である。

バイオマス、都市固形廃棄物、汚泥の処理で得られた製品の燃料としての特性:

示差熱分析
ガス化特性
燃焼性とガス化の両方が良好なので、通常の燃料として使用できます。
灰の特徴 融点は1000℃以上です。
ガスのガス化構成 発電用燃料として適したガス。
この反応は、メタノール合成のためには900〜1000℃が好ましい。
燃料としての評価 可燃性は良好であり、通常の燃料として使用することができる。
湿度は20%未満であることが望ましい
ガス化のための原料 湿度は15〜20%に設定する必要があります。
灰が生成されるので、適切な機械を使用する必要があります。

処理された物質の顕微鏡分析

異なる原料(都市固形廃棄物、バイオマス、汚泥)の処理から得られた製品を電子顕微鏡分析した。

この分析の結果、高瀬テックの技術で処理された製品が化学的および物理的変化があったことが明らかになりました。

非常に重要な事実は、高瀬テックの技術が材料の細胞内に含まれる水分を除去する能力があること、これは達成が非常に困難であることであった。

この分析では、都市固形廃棄物、籾殻、下水汚泥、未処理籾殻および加工籾殻など、いくつかの資料に基づいて異なる観察が行われています。 このような観察を、それぞれの材料を個別に行い、材料を混合しても行っ

下の画像は、顕微鏡で撮影したものです。

処理された燃料から生産される電気

高瀬テックの技術で得られた燃料で電気を生産する方法が二つあります: